行動分析学TIPS:想いは力、言葉は魔法❤︎

行動分析学を学んでいる、学ぼうとしている方へ何かを発信しようとする試みの一つです(`・∀・´)b

【5分でわかる】死人テストと具体性テスト

どうも!
「わかる」と「できる」のギャップを埋める行動分析コンサルタントの斎藤愛です!
 
一般社団法人 行動アシストラボ」というところで理事/研究員として、
行動分析学の講座を開催していたり、コンサルティングをしていたりします。
 
 
さて、今回は行動分析と言えば!の「死人テスト」と「具体性テスト」について
簡単に説明しちゃいます。(おっかない名前だ・・・)
 
行動分析学」って、その名の通り、
 
行動 を 分析 する 学問
 
なので、行動を分析するんですが(同じことしか言ってない)、
そもそも「行動って何よ?」っていうのが重要なわけです。
 
ただただフツーに「行動」って言ったら、例えば英語の「動詞」を思い浮かべるわけで(私はね)
 
  走る 食べる 寝る 聞く 笑う 動く 勉強する 仕事する 買い物する
 
などなど、挙げればキリがないほどありますよね。
じゃあ、行動分析学で分析する対象はこれら全部?かというとそうではないのです。
簡単な見分け方のようなものがあって、それが
 
・死人にできるかどうか (=死人テスト)
・具体的かどうか    (=具体性テスト)
 
なのです。
もう少し具体的に言うと、
 
【死人にできること】
・受け身 ・・・ 〜される;撫でられる、殴られる、褒められる、話しかけられる etc...
・状態  ・・・ 〜している;座っている、寝ている、横になっている、手に持っている etc...
・否定形 ・・・ 〜しない;食べない、走らない、怒らない、泣かない、閉めない etc...
(→ つまりは動きがないものたち)
 
【誰がやっても同じであるくらいに具体的であること】
・「あ」という平仮名を書く
・その場で飛び上がる
・顔に触れる
× 勉強する ;何の科目?問題を解く?講義を聴く?
× 仕事をする;営業に出る?ものを作る?資料を片付ける?
 
こんな感じの2つのテストを両方ともクリアするようなものを「行動」として捉えて分析をしていくのです。
さて、ではなんでまたこんなにややこしいことをするかとういうと、それは行動分析学では必ず
「その対象者が行動するとき、その行動の前後での変化」を観察して分析するからです。
 
受け身では、対象者が動くわけではないので、その動きによる前後の変化が対象者の行動によるものなのかどうかはっきりしません。
状態や否定も同じように、動きがないので何も変化しようがありませんね。
 
というわけで、何か行動を分析しようとする時には、
× ダイエットをする
× 夕飯を食べない
× デザートを食べない
などは分析対象外となってしまうことを押さえておきましょう(`・∀・´)b
 

一般社団法人行動アシストラボ】
★公式HP メルマガ配信・入門講座・基礎講座開催情報など!
 
facebook グループページ「こんなに使える行動分析学
 
★リザーブストック 各種講座などのご案内
 
★「あなたの行動力を診断!」 あなたの行動分析学度合いは一体どのくらい?

【5分でわかる】弱化と消去の違い

どうも!
「わかる」と「できる」のギャップを埋める行動分析コンサルタント斎藤愛です!
 
一般社団法人 行動アシストラボ」というところで理事/研究員として、
 
行動分析学の講座を開催していたり、コンサルティングをしていたりします。
 
 
 
みなさん、行動分析学ライフを楽しんでますか??(*´∀`*)
 
この【5分でわかる】シリーズでは、行動分析学の基本的内容や、混同しやすいところ、
 
っていうかそもそも私自身がよくわからなくて悶々としていたところなどを中心にお伝えします笑
 
さて、消去と弱化は混同しやすいかもしれませんね(いきなり本題)
 
記念すべき第1回のテーマは「弱化と消去の違い」についてです。
 
 
 
弱化は、行動の結果必ず
 
あったものがなくなる(好子消失) 何かが出てくる(嫌子出現)
 
※イメージ ●→  or  →●  
 
のです。
つまり、何かしらの変化を伴います。
 
対して消去は、すでに強化されていた随伴性に対して
 
行動しても何も出てこない もしくは 行動しても何もなくならない
 
となります。
もうすこし噛み砕いて言うと、
 
「いつもならこうしたら出てくるのに!」
とか
「いつもだったらこれやったら消えるのに!」
のような感じ。
これが消去。
 
そして、消去が生じると(っていうのもなんか変だけど)、
 
必ずと言っていいほどでてくるのが
 
「消去バースト」!!
 
この消去バーストは本当にすごい。
 
例えば「いつもならボタン押したらジュースが出てくるのに!」というとき、
 
みなさんはどうしますか?・・・・ということにつながるお話。
 
生物が生きていく上で「学習」をするために得た(もともともっていた?)
 
本当に素晴らしいスキルだと思う。
 
これについてはまた別の機会にまとめようと思う!!
 
(消去バーストでタイトル検索してみてねー)
 
では、知識編はざっくりこんな感じで、後は消去と弱化の具体例を載せておきます!
 
 
 
 
【例①消去】
今日も仕事だ。まずはパソコンをつけよう。
(電源ボタンを押す)
あれ、つかないぞ。
************【随伴性ダイアグラム】**********
(A) 職場のパソコンの前で
  →  (B) 電源ボタンを押す
  →  (C) 電源が入らない(-):消去
 ******************************************
 
               <<<<<<<解説>>>>>>>
普段は、
 
************【随伴性ダイアグラム】**********
(A) 職場のパソコンの前で
  →  (B) 電源ボタンを押す
  →  (C) 電源が入る(+):好子出現の強化
 ******************************************
 
の随伴性が成り立っていたのに、今日に限っては結果のところで好子が出現しなかった
(行動したのに変化がなかった)。これが消去だ。
 
 
 
【例②弱化】
今日も仕事だ。まずはパソコンをつけよう。
(電源ボタンを押す)
 
押した瞬間ディスプレイに貞子の画像が画面いっぱいに映りだされた。
「ぎゃー!!!!!!!」
※筆者はホラー系が大嫌いです
 
************【随伴性ダイアグラム】**********
(A) 職場のパソコンの前で
 → (B) 電源ボタンを押す
 → (C) 画面いっぱいに貞子の画像が表示される(↓):弱化
******************************************
 
 
               <<<<<<<解説>>>>>>>
例①同様、普段はパソコンの電源ボタンを押したら、通常通りに電源が入るはず・・・
 
だったのに、なぜか今回は大嫌いな大嫌いな貞子が出てきてしまいました。
 
もうおっかなくて次回からは絶対に電源入れたくないですね。えぇ。
 
※内容はフィクションです。
 
 
 
それではみなさんまたねー!!(`・∀・´)v
 
 
**************************************【★TIPS+α】*************************************
実は、消去と「強化されていない」というのも微妙に違います。
 
消去は、
 
「これまでに強化されていた行動」に対して
・好子が出現しなくなった
もしくは
嫌子が消失しなくなった
 
となります。
 
つまり、
 
これまで得られていた「行動したことによる結果の変化」が得られなくなった
 
ので、
 
「なんで今までは変化してたのに今回は変化しないんじゃい!!!」
 
という感じでバーストするのです。
 
 
ところが、そもそも「強化されていない」状態の場合は、
 
行動したことによって結果の変化がないとしても、
 
これまでだって何もなかったんだから、これからもなにもないわけです。
 
世の無情です。(関係ない)

 
一般社団法人行動アシストラボ】
★公式HP メルマガ配信・入門講座・基礎講座開催情報など!
 
facebook グループページ「こんなに使える行動分析学